清楚の話

清楚ってなんだろうかと大学の先輩とお話しした。

私は丁寧な暮らしをしていないし、
ヤンキー精神を多分に持ち合わせているし、
あまり清楚とはいえないと自認してるが、
その先輩曰く「清楚さあるよ」とのことだった。

「しかも機能している清楚さだ」と。

機能している清楚さと言うのは、妄想の余地がある。
破れることを前提とした武器であるべきもの。
機能してない「清楚であらねばならない」として作られた清楚さには、
踏み込む余地がなく、踏み込んだとしても、
どこか作り物のようで、面白味がない。と。

なるほど・・・。
(先輩、私で何か妄想してるんすか・・・?w)とは言わなかったけど、
深く納得した。


人付き合いに少し疲れているみたいだ。

幸いまた外出控えるよう言われそうな時期だし、漫画に集中できていいな。



美術館行きたいな。

私は美術館に一緒に行ける人が好きだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
hikarujoe

いただいたサポートは、本を買うことに使わせていただきます^^

よかったらコメントも!!