彫金の先生

レッスン中に、

となりのイタリアンレストランのシェフが

先生を口説きにきた。

背が高くてイケメンで、スーツ着てカッコよかった。

先生「ごめんなさい、今レッスン中なの」

シェフ「またくるね」

ははぁ。ジブリみたい。

おしゃれが好きなもの同士、

浴衣や、ドレスや、着物を着てよく出かけるらしい。

いいなぁ。



「先生、笑うかもしれないけど、わたしは、好きな男とは、一緒に住みたくないんです。」

と唐突に聞いたら

「好きな男なら住めるよ。」

と言っていた。


友達にそう返されたら

「なんで! その根拠は!? ねえ! 教えて!」って

つっかかりそうだけど

先生が言うので

「そうか・・・」となった。

「嫌なところって、必ずあって、それがねえ、たくさん重なると、継続が厳しいんだよね。」

そうなんだ・・・。

先生は、離婚した後もいっぱい恋愛を楽しんでる顔をしている。
俺にはわかる。

「恋愛はたくさんしたらいいよ。たくさん泣いてたくさん笑うじゃない。涙なんて、滝のように出たりするじゃない。そんなこと、恋愛以外にある?」

せ、せんせい。。。


「先生はシェフと付き合ってるんですか」

って聞いたら、

「だとしたらもっと連絡欲しいわね」

ってさ。

シェフ。もっと連絡をしろ。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
hikarujoe

いただいたサポートは、本を買うことに使わせていただきます^^

大好きです!!!